電子マネー

【実践してみた】セブン銀行ATMで可能になった電子マネーのチャージ

セブン銀行ATM

2020年のオリンピックイヤーに向けてキャッシュレス化が進んでいますが、電子マネーを現金チャージをしている方に耳よりの情報があります!

セブンイレブンに設置されているセブン銀行ATMで電子マネーをチャージすることが可能になったのです!

「現金を使わない”キャッシュレス”と現金を出し入れする為の”ATM”って相反するものじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、ATMで電子マネーがチャージできることは現金チャージをしているユーザーにとっては画期的なサービスなのです。

この記事を読んでいただければ、なぜセブン銀行ATMのチャージが素晴らしいのか知っていただけるはずです。

ATMで一歩先を行くセブン銀行

近年コンビニエンスストアに行くと必ずと言っていいほど設置してあるATM。

その中でもセブン&アイホールディングスはATMサービスを2001年より開始しており、設置台数はなんと日本2位(ちなみに1位はゆうちょ銀行です)。コンビニATMでは圧倒的と言って問題はないです。

そんなセブン銀行がキャッシュレスに向けたサービスとして2018年10月より展開を開始したのがATMで電子マネーをチャージできるサービスです。

こんな人におすすめ

  • クレジットカードを持っていない/使いたくない
  • 電子マネーに現金チャージをしている
  • セブンイレブンが近くにある
  • 関西在住でモバイルSuicaを使っている

セブン銀行ATM対応の電子マネー

対応電子マネー

とっても便利なセブン銀行ATMですが、現状チャージに対応している電子マネーは以下3種です。

  • nanaco
  • Rakuten Edy
  • 交通系IC

nanaco

nanacoはセブン&アイの提供している電子マネーなので当然使用できます。

利用可能店舗は様々あって、中でもお得なのはイトーヨーカドーをご利用する方!
8のつく日(8日18日28日)はハッピーデーで5%割引でお買い物ができたりポイントが2倍になったりします。

Rakuten Edy

ここ最近、利用可能店舗がぐっと増えてきているイメージがあるのがRakuten Edyですね。
独自で電子マネーを持っているようなところじゃない限り全国チェーンであればほとんど使えるのでは?

利用可能店舗を事前に知りたい方は公式サイトで検索するといいと思います。

交通系IC

交通系ICとはいってもこれも様々な種類があるので、詳細は以下の9種です。

交通系IC 種類

中でも個人的なおススメはSuicaです。
というのも、交通系ICで携帯アプリやおサイフケータイ(Google Pay/Apple Pay)に組み込めるのがSuicaのみだからです。

セブン銀行ATMチャージのここがいい!

首都圏外の方必見

首都圏外に在住でモバイルSuicaを使っている方々はどの程度いるでしょうか?

答えは、ICカード(カードをタッチする)を利用している人のほうが圧倒的に多いです。

というのも、「現金でするのはめんどくさいだからICカードがベスト」と思うことが多いからです。

しかしながら、ICカードとなるとやはり紛失率が高かったり、電話番号の登録をカードにしていない場合は見つかっても帰ってこなかったりとうっかりポイントが多いのが現実です。

詳しくは下記の記事を見ていただければモバイルSuicaにする利点が理解いただけますので、ここではこれぐらいにしておきます。

本筋から少しずれましたが、モバイルSuicaを使っている方、その中でも関西在住で現金チャージで利用している方が対面する大きな問題が1つあります。それは、

  • 自動切符発券機でチャージができない

こうなると現金チャージをする方法は絞られてきて、おおよその方は、”コンビニのレジでチャージをする”しかないわけです。

レジが混んでいれば面倒ですし、いちいち現金を銀行から引き出して、レジまでもっていってチャージという非常にめんどくさい工程を挟まないといけないわけです。

これを解決できるのが、セブン銀行ATMの電子マネーチャージです。

セブン銀行ATMのチャージでは、おサイフケータイに搭載されているICカード、アプリで入っているICカードも対応しています。

なので、携帯をATMのチャージスポットにおいて誰とも関わることなくチャージできるわけです。

セブン銀行ATMでチャージしてみよう

長々と書いてしまいましたが、それでは、実際にチャージしてみましょう。

ということで、チャージの工程を写真入りの図表にしちゃいましたので、ご覧ください。

セブン銀行ATM 電子マネーチャージ セブン銀行ATM 電子マネーチャージ

セブン銀行ATMチャージの難点

チャージをする際に1つだけ難点というか使いにくい点があります。

銀行口座からのチャージはできない。

ここだけはまだ対応がなされていないようです。

ですので、チャージは現金を準備した後にすることを忘れないようにしましょう。

とはいえ、これが対応されて初めて完全キャッシュレス化の実現になるので、ぜひ対応してもらいたいものですね。

セブン銀行ATMは一部の電子マネーユーザーには超便利

いろいろ説明してきましたが、今回のポイントはこちら

今回のポイント
  • 電子マネーを現金チャージするユーザーにおすすめ
  • 特に東京都市部以外に在住の方
  • おサイフケータイもチャージできる
  • チャージの際は現金が必要

というわけで、セブン銀行ATMのチャージは依然として不便な点もありますが、一部のユーザーにとってはとても便利なので上記のポイントに当てはまる方はモバイルSuicaと合わせてご利用してみてください。

以上、執筆者はKikkiでした。

ABOUT ME
Kikki
Kikki
外資IT企業内定者の大学生ブロガーです。新しいものやガジェットが大好きなので、タイムリーなサービスや目を見張る何かを記事にしていけたらなーと思っています。