QRコード決済アプリ

「LINE Cash」と「LINE Money」の違いとは?「LINE Pay」をより便利にするために理解したいこと

LINE Pay

こちらの記事では、以下の疑問にお答えします!

  • 「LINE Pay」とは
  • 「LINE Cash」とは
  • 「LINE Money」とは
  • 「LINE Cash」と「LINE Money」の違い
  • 本人確認の方法

「LINE Pay」をもっと楽しむために

アナウンスのイメージ画像

今回は、「LINE Pay」をより便利に使うために知っておきたい知識をご紹介します。

それは、「LINE Cash」「LINE Money」の2つのアカウントです。

「LINE Pay」のサービスを最大限に活用するために、「LINE Cash」と「LINE Money」について学んでいきましょう!

そもそも「LINE Pay」とは?

LINE Pay

「LINE Pay」とは、株式会社LINEが運営する『スマホのおサイフサービス』です。つまり、お金のやり取りがすべてLINE上でできます!

決済アプリは他社からも多数輩出されていますが、「LINE Pay」のサービスの充実性はトップクラスです。使える場所も多い為、スマホ決済の中でも人気の高いアプリです。

「LINE Pay」について詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです!

LINE Pay
【最新版】これを読めば「LINE Pay」のすべてがわかる!使い方やメリット/デメリットまで徹底解説しますこちらの記事では、「LINE Pay」について詳しくご紹介していきたいと思います。 主に、以下の疑問にお答えします! ...

「LINE Pay」にはアカウントが2種類ある!

お金のイメージ画像

「LINE Pay」には、アカウントが2種類あります。

  1. 「LINE Cashアカウント」
  2. 「LINE Moneyアカウント」

アカウントによって利用できるサービスが異なります。

なので、「LINE Pay」を継続的に利用していくなら、2種類のアカウントの違いを理解しておくことが大切です。

「LINE Cash」と「LINE Money」それぞれについて見ていきましょう!

「LINE Cash」とは?

「LINE Cash」とは、「LINE Pay」に登録した直後のアカウントです。

実店舗やオンラインショッピングサイトでの決済等、「LINE Pay」の基本的なサービスは問題なく利用することができます。

しかし、送金や割り勘など一部のサービスが制限されてしまうため、「LINE Money」よりも利用できるサービスの幅は狭くなっています。

「LINE Money」とは?

「LINE Money」とは、本人確認後のアカウントのことです。

「LINE Pay」で本人確認手続きを行うと、「LINE Cash」から自動的に「LINE Money」に切り替わります。

「LINE Money」では、「LINE Cash」よりも幅広いサービスを利用することができます。

「LINE Pay」を利用するなら、ぜひ「LINE Money」への切り替えをお勧めします。

~「本人確認」とは?~

本人確認とは、銀行口座や身分証明書を使って「LINE Pay」内で本人照合を行うことです。

本人確認については、後で詳しくご紹介しますね!

「LINE Cash」と「LINE Money」の違い

メリットのイメージ画像

ここでは、「LINE Cash」と「LINE Money」の違いについて見ていきましょう!

「LINE Cash」と「LINE Money」の違いは、大きく分けて2つあります。

1つ目の違いは『サービスの充実性』

1つ目の違いはズバリ、利用できるサービスの違いです。

結論から言うと、「LINE Cash」よりも「LINE Money」の方が、幅広いサービスを受けられます。

「LINE Cash」と「LINE Money」で利用できるサービスの違いをまとめてみました!

LINE Cash LINE Money
送金 送金依頼のみ 送金可能
割り勘 割り勘依頼のみ 割り勘可能
外貨両替 ×
韓国ATM両替 ×
銀行口座への出金 ×

かなり利用できるサービスが増えますね!

しかも、どれも魅力的なサービスばかりです。特に、送金や割り勘はぜひ利用したい人気サービスです。

LINE Pay アイキャッチ画像
最近みんな使ってる「LINE Pay」で友達に送金してみたら超便利だった!友達や家族とお金のやり取りをする時、どんな方法を使っていますか? 多くの方が現金でのやり取り、銀行口座振り込みを利用していると思い...
飲み会
『LINE Payで割り勘』飲み会でLINE Payを使えば面倒な会計が解決!飲み会で面倒なことと言えばお会計での割り勘。人数が多いとなおさらです。 計算して、お金を徴収して、数えて、ああ面倒だ! 実は...

「LINE Pay」をよく使う方なら、「LINE Money」への移行がおすすめです。

2つ目の違いは『チャージや残高等の上限額』

2つ目の違いは、様々なサービスにおける上限額の違いです。

「LINE Cash」よりも「LINE Money」の方が、大きな額をやり取りすることができます。

「LINE Money」移行前と後の変化を表にまとめてみました!

項目 LINE Cash LINE Money
残高上限額 100,000円 1,000,000円
チャージ LINE Payカード 最小金額 1,000円 1,000円
最大金額 49,000円/1回 49,000円/1回
QR 最小金額 1円 1円
最大金額 49,000円/1回 49,000円/1回
セブン銀行ATM 最小金額 1,000円 1,000円
最大金額 100,000円/1回 500,000円/1回
コンビニ 最小金額 1,000円 1,000円
最大金額 100,000円/1回 299,000円/1回
銀行口座 最小金額 × 100円
最大金額 100,000円/1日
決済 チャージ残高 最小金額 1円 1円
最大金額 100,000円/1回 1,000,000円/1回
LINE Payカード/Google Pay 最小金額 1円 1円
最大金額 100,000円/1回 1ヵ月 1,000,000円/1回

かなり大きく変わりますね!

「LINE Pay」で大きな額をやり取りする方は、「LINE Money」への移行がおすすめです。

「LINE Money」への移行は『本人確認』が必要

イメージ画像

ここでは、「LINE Money」への移行方法をご紹介します。

「LINE Money」への移行には、「LINE Pay」での本人確認が必要です。

本人確認の方法は3つ

本人確認を行う方法は、以下の3つがあります。

それぞれについて詳しく見ていきましょう!

  1. 銀行口座で本人確認
  2. スマホでかんたん本人確認
  3. 郵送で本人確認

①銀行口座で本人確認

お手持ちの銀行口座と「LINE Pay」を連動させることで本人確認が完了します。

「LINE Pay」と連動できる主な銀行口座はこちらです。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、イオン銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、その他地方銀行など

主な普通銀行はほとんど登録することができるので、便利ですね。

  • 銀行口座の登録と同時に本人確認が完了します。急いでいる方におすすめの方法です。

②スマホでかんたん本人確認

本人確認書類とスマホを利用して、本人確認を行う方法です。

具体的には、「LINE Pay」の案内に沿って自分の顔と本人確認書類の写真をスマホで撮影します。

スマホでかんたん本人確認では、以下の顔付き身分証が必要です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 在留カード
  • 特別永住権証明書

~運転経歴証明書とは?~

運転履歴証明書とは、取消しを受けた日の過去5年間の経歴について、優良運転者、違反運転者等の区分により表示された書面です。

免許を失効したり違反等による取消しを受けたりした場合は、運転経歴証明書の交付を受けることはできません。

③郵送で本人確認

「LINE Pay」の指示に従って本人確認書類を撮影し、登録住所に後日簡易書留のハガキが届くことで本人確認が完了します。

以下の本人確認書類のいずれかが必要です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • 在留カード
  • 特別永住権証明書
  • 郵送での本人確認は、完了まで数日~数週間かかる場合があります。

【参考】どの方法がおすすめ?

『どの方法で本人確認をするのがベストかわからない!』という方のために、それぞれのメリット/デメリットをまとめてみました!

メリット デメリット
銀行口座登録
  • 即日完了する
  • 本人確認書類不要
  • 「LINE Pay」と連動できる銀行口座が必要
  • 情報入力などの手間
かんたん本人確認
  • 銀行口座不要
  • 手続きが簡単
  • 完了までに時間がかかる場合がある
  • 本人確認書類が必要
郵送
  • 銀行口座不要
  • 完了までに数日~数週間かかる
  • 本人確認書類が必要
  • 身分証上の住所と実際に住んでいる住所が異なる場合不便

個人的には「銀行口座登録での本人確認」がおすすめです。

「LINE Pay」と連動できる銀行口座さえあれば、即日で完了するからです。他の方法とメリット/デメリットを比較しても、最も利用しやすいと言えるでしょう。

「LINE Pay」と連動できる銀行口座がない場合は、「スマホでかんたん本人確認」がおすすめです。

「LINE Money」で生活がもっと便利に

結論
  • 「LINE Cash」は登録直後のアカウント
  • 本人確認をすると自動的に「LINE Money」へ移行
  • 「LINE Money」の方が便利
  • 本人確認には3つの方法がある

「LINE Money」へ移行した方が、「LINE Pay」をより楽しむことができるでしょう。

本人確認は一見面倒に思えますが、実際にやってみるとすごく簡単です!

送金や割り勘は「LINE Pay」の主要サービスですし、とても便利なので、ぜひ本人確認をして「LINE Money」を利用しましょう。

ABOUT ME
Haryu
Haryu
睡眠とグルメが大好きな学生ブロガー。 学生の視点からキャッシュレス決済の紹介をしています。将来のために一緒にお金の勉強を始めましょう!