QRコード決済アプリ

『LINE Payで割り勘』飲み会でLINE Payを使えば面倒な会計が解決!

飲み会

飲み会で面倒なことと言えばお会計での割り勘。人数が多いとなおさらです。

計算して、お金を徴収して、数えて、ああ面倒だ!

実はLINE Payの割り勘サービスを使えば、その悩み一発で解決できます。

今日は割り勘サービスについてご紹介したいと思います。

 こんな経験ありませんか?

楽しい飲み会が終わり会計の時間、こんな経験ありませんか?

Case1 1万円しか持ってない問題

幹事さん『5人で12800円だから1人2560円でお願いします』

Aさん『ごめん今日1万円札しかもってないんだよね』

幹事さん『ええ、どうやって割ろうかな。。。』

『いや細かいお金持っとけよ』って話なのですが、よくある事例ではないでしょうか。

計算がすごく面倒ですよね。時間制限のあるお店だと早く出ないといけないのに、お会計に時間がかかってしまいます。

Case2 後で払うね問題

Bさん『今日は手持ちのお金ないから次会ったとき払うね』

幹事さん『わかったよ(次会うの来年なんだけど。。。)』

これもあるあるですね。

頻繁に会う友達ならいいのですが、たまにしか会えない人とのお金の貸し借りはトラブルのもと。いつ返して貰えるかわかりませんからね。

せっかく楽しい飲み会だったのに、面倒なお会計でうんざりなんて悲しすぎる!

割り勘を簡単にする方法はないのでしょうか。

LINE Pay割り勘サービスですべて解決!

その方法こそが『LINE Pay割り勘サービス』なんです!

LINE Pay割り勘サービスを利用すれば、LINE上で簡単に割り勘が完了し、確実にお金を請求することができます。

1人分の金額も自動で計算してくれるので、手間が省けます。

 LINE Payとは

割り勘サービスの説明をする前に、LINE Payについて簡単にご紹介します。

LINE Payとは、お金のやり取りができる『スマホのおサイフサービス』です。つまり、決済や送金がすべてLINE上でできます。

LINE Payには今回ご紹介する割り勘の他にも様々なサービスがあります。

  • LINE Payに銀行口座などからお金をチャージする
  • 実店舗やオンラインショッピングでの決済
  • 請求書の支払い
  • 送金、送金依頼
  • 外貨両替

詳しい説明は当サイトのLINE Pay解説記事をご覧ください。

LINE Pay アイキャッチ画像
人気の決済アプリ『LINE Pay』は超魅力的なアプリだった!使い方からメリット/デメリットまで徹底解説します!日本では2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化が急速に進んでいます。 そんな中注目を集めているのが、スマホ1つで決済...

 LINE Pay割り勘サービスの魅力

LINE Pay割り勘サービスを使うメリットをまとめてみました。順に説明します。

  1. とにかく操作が簡単
  2. 1人分の金額を自動で計算してくれる
  3. LINE Payへの登録が簡単

①とにかく操作が簡単

LINE Payは操作が簡単なので、初心者の方でもスムーズに操作することができます。

割り勘サービスの詳しい使い方は後述しますね。

②1人分の金額を自動で計算してくれる

LINE Payが合計金額を人数分で割って自動的に1人分の金額を表示してくれます。

なので、面倒な計算は不要です!

③LINE Payへの登録が簡単

LINE PayはLINEアプリ上のサービスなので、すでにLINEを利用している場合は新しいアプリをダウンロードする必要はありません。

30秒もあれば登録できちゃいます。

どうやって使うの?

割り勘サービスの使い方は以下の通りです!

  1. 幹事がLINEのウォレットタブから『割り勘』をタップ
  2. イベントを作成しQRコードを表示する
  3. 参加者がQRコードを読み取る
  4. 参加者は支払い方法を選択し『参加する』をタップ
  5. 幹事は全員が参加したことを確認し、店頭でお会計
  6. 幹事に支払い完了のLINEが届くので、開いて参加者の支払金額を決める
  7. 参加者が幹事に支払いをして完了!

文面だとややこしく感じられるかもしれません。

『わからない!』という方は、LINE公式アカウントがYouTubeに動画をアップしているので、ぜひそちらをご覧ください!

動画はこちら↓↓

https://www.youtube.com/watch?time_continue=52&v=4M3OUPqYqUo

注意したいこと

割り勘サービスはとても便利ですが、注意しなければならないこともあります。

それはLINE Payが利用できるお店に制限があること。

LINE Payが利用できるお店はLINE Payサービスに加盟している店舗のみとなります。そのため、飲み会を開いたお店が加盟店でない場合は割り勘サービスを利用することができません。

お店を選ぶ際に、加盟店かどうかチェックしておくことをおすすめします。

LINE Payが使える主な店舗

白木屋、笑笑、魚民、目利きの銀次、GATHERING TABLE PANTRY、かんてきや、焼き肉でん、など

LINE Pay加盟店の1つ『GATHERING TABLE PANTRY』は最近話題のお店です。なんと現金取り扱い不可の完全キャッシュレス店舗なんです!

とてもお洒落なお店で、お酒の種類も多いので、女子会や飲み会におすすめですよ。詳しくは取材記事をご覧ください。

gathering table pantry 外観
完全キャッシュレス!?超お洒落なGATHERING TABLE PANTRYに行ってみた!東京オリンピックに向けて日本ではキャッシュレス化が推進されています。 そのような流れを受けて、現金を扱わない完全キャッシュレスのお...

★LINE Payカード★

LINEが発行しているLINE Payカードを使えば、より多くのお店でLINE Payを使うことができます。具体的には、加盟店以外でも国内外のJCB加盟店でLINE Pay決済を利用できます。

詳しくはLINE Payの解説記事をご覧ください。

LINE Pay アイキャッチ画像
人気の決済アプリ『LINE Pay』は超魅力的なアプリだった!使い方からメリット/デメリットまで徹底解説します!日本では2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化が急速に進んでいます。 そんな中注目を集めているのが、スマホ1つで決済...

LINE Payで飲み会がもっと楽しくなる

まとめ
  • LINE Pay割り勘サービスを使えば、飲み会のお会計が楽になる
  • 使い方もとても簡単
  • 利用できるお店に制限があることに注意

LINE Pay割り勘サービスを使えば、大人数での飲み会の会計もへっちゃら!

かなり便利なサービスなので、ぜひ一度使ってみてください。

ABOUT ME
Haryu
Haryu
睡眠とグルメが大好きな学生ブロガー。 学生の視点からキャッシュレス決済の紹介をしています。将来のために一緒にお金の勉強を始めましょう!