QRコード決済アプリ

【タダで1000円貰える】LINE Payが『300億山分けキャンペーン』を発表しました!キャンペーンの内容やその狙いとは?

LINE Pay アイキャッチ画像

5月20日から「LINE Pay」で超お得なキャンペーンが実施されます。

なんと、誰でも無料で1,000円貰えます!

今回は、『300億円山分けキャンペーン』について詳しく解説したいと思います。

期間限定『300億山分けキャンペーン』

comingsoon

2019年5月20日から10日間、「LINE Pay」が新たなキャンペーンを開催します。

その名も「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」(以降:300億円山分けキャンペーン)

このキャンペーンは、友達間で1,000円相当のLINE Payボーナスを送り合えるサービスです。もちろん、1,000円はLINE側が負担してくれるので、実質無料で1,000円貰えます!

LINEの負担総額が300億円に達した時点で終了となるので、早い者勝ちのキャンペーンです。

そもそも「LINE Pay」とは?

LINE Pay

キャンペーンについて説明する前に、まずは「LINE Pay」について簡単にご説明しましょう。

「LINE Pay」とは、株式会社LINEが運営する『スマホのおサイフサービス』です。つまり、お金のやり取りがすべてLINE上でできます!

決済アプリは他社からも多数輩出されていますが、「LINE Pay」のサービスの充実性はトップクラスです。

実店舗での決済以外にも

  • 友達間での送金、送金依頼、割り勘
  • 外貨両替
  • 光熱費などの請求書払い

など、様々なお金のやり取りが可能です。

「LINE Pay」についてもっと知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!

LINE Pay アイキャッチ画像
人気の決済アプリ『LINE Pay』は超魅力的なアプリだった!使い方からメリット/デメリットまで徹底解説します!日本では2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化が急速に進んでいます。 そんな中注目を集めているのが、スマホ1つで決済...

キャンペーンの内容

キャンペーン

お待たせしました!

早速、『300億円山分けキャンペーン』の詳細をご説明します。

『300億山分けキャンペーン』の詳細

『300億円山分けキャンペーン』では、キャンペーン期間中(2019年5月20日~)であれば、LINEで友達に対して自己負担なしで1,000円を送金することができます。

複数の友達に送ることも可能ですが、1,000円を受け取れるのは1人1回まで。つまり、キャンペーンで貰える金額は、最大1人1,000円ということですね。

『300億円山分けキャンペーン』は、LINEの負担総額が300億円に達し次第終了です。要するに、3000万人が1,000円を受け取ることができます!

1,000円貰うための条件

『300億円山分けキャンペーン』で1,000円を貰うためには、一定の条件を満たす必要があります。条件を満たさないと、せっかく友達から1,000円が送られてきても受け取れません。

  1. 6月末までに「LINE Pay」に登録すること
  2. 同じく6月末までに「LINE Pay」の本人確認手続きを済ませること

たったこれだけです!

「LINE Pay」への登録は、大体30秒ほどでできます。LINEアプリ内で「LINE Pay」サービスに申し込みを行うので、新しくアカウントを作成したりする必要はありません。

LINE Payボーナスとは?

『300億円山分けキャンペーン』とともに、「LINE Pay」で新しいサービスが誕生しました。

その名も「LINE Payボーナス」

『300億円山分けキャンペーン』で貰える1,000円は、この「LINE Payボーナス」として付与されます。

LINE Payボーナスとは?

「LINE Payボーナス」とは、「LINE Pay」上で使える新しい性質の残高です。

「LINE Payボーナス」は、

  • コード決済
  • オンライン決済
  • 友達への送金

などで利用することができます。

 LINE Pay残高と何が違うの?

「LINE Payボーナス」は、「LINE Pay残高」とは異なる概念になります。

「LINE Pay残高」との違いは、以下の3つです。

  1. 登録銀行への出金ができない
  2. 「LINE Payカード」での支払いでは使えない
  3. 「QUICPay+」での支払いには利用できない

「LINE Pay」の狙いとは?

はてな

無料で300億円あげちゃうなんて、とても太っ腹ですよね。

なぜ、LINEはこんなに太っ腹なキャンペーンを行うのでしょうか。キャンペーンに秘められたLINEの狙いを考えてみたいと思います。

①「LINE Pay」の利用者数を増やす

キャッシュレス化が進む中、決済アプリ業界は激戦となっています。

決済アプリ業界で生き残っていくために必要不可欠なことは「一定の利用者数を確保すること」。利用してくれる人がいなければ、意味がありませんからね。

LINEは今回の『300億円山分けキャンペーン』を通して、「LINE Pay」への登録と利用を促したいと考えているようです。

②ユーザーに「本人確認手続き」をしてもらう

1,000円を受け取るためには、「LINE Pay」への登録の他に「本人確認手続き」を済ませる必要があります。

ここにも、LINEの狙いが隠されているんです。

「LINE Pay」は本人確認手続きをしなくても利用できますが、サービスが制限されてしまいます。

『300億円山分けキャンペーン』で本人確認手続きを促進することで、LINE Payの機能をすべて利用できるアクティブユーザーを増加させようとしているのです。

アクティブユーザーが増えれば、サービス全体が活性化されますからね。

③「LINE Pay」の利用サイクルを作る

LINEは、16日の記者会見でこう宣言しています。

「キャンペーン終了後すぐに高還元率のキャンペーンも用意している。友人同士で1000円相当の電子マネーを送り合い、その後、別のキャンペーンの期間中に店舗の支払いなどに使ってもらう――というサイクルを生み出したい」(引用元:ITmedia NEWS)

『300億円山分けキャンペーン』を活用して、「LINE Pay」を日常的に利用してもらうサイクルを作りたいという狙いがあるんですね。

『300億山分けキャンペーン』を見逃すな!

まとめ
  • LINEが『300億円山分けキャンペーン』を発表
  • 1,000円相当のLINE Payボーナスがもらえる
  • LINE Payボーナスとは、LINE Payで使える電子マネー
  • 『300億円山分けキャンペーン』には様々な狙いが隠されている

『300億円山分けキャンペーン』は、誰でも無料で1,000円貰えるという夢のようなキャンペーンです。

今まで「LINE Pay」を使ってなかった人も、これを機会に登録しちゃいましょう!

「LINE Pay」についてもっと知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!

LINE Pay アイキャッチ画像
人気の決済アプリ『LINE Pay』は超魅力的なアプリだった!使い方からメリット/デメリットまで徹底解説します!日本では2020年の東京オリンピックに向けてキャッシュレス化が急速に進んでいます。 そんな中注目を集めているのが、スマホ1つで決済...
ABOUT ME
Haryu
Haryu
睡眠とグルメが大好きな学生ブロガー。 学生の視点からキャッシュレス決済の紹介をしています。将来のために一緒にお金の勉強を始めましょう!