デビットカード

高校生からキャッシュレスデビューが出来る!楽天銀行デビットカードでお得にポイントを貯めよう!

楽天デビット アイキャッチ

高校生でも気軽に利用出来るキャッシュレスの一つにデビットカードがあります。

近年◯◯Pay系のアプリ決済に押されて更に影が薄くなってきてる感のあるデビットカードですが、クレジットカードと違って銀行口座の残高から即時引落としされるので使い過ぎる心配もなく初めてキャッシュレスデビューするにはとても便利ですね。

また都市銀行系のデビットカードと違ってネット銀行系のデビットカードはポイント還元率が高い点も見過ごせません!

今回はそんなデビットカードの一つである楽天デビットカードについて紹介していきたいと思います。

楽天のデビットカードとクレジットカードの違いは?

デビットカードはクレジットカードの様な後払い型とは違い、デビットカード発行元の銀行口座から即時利用料金が引落とされます。

基本的には自分の口座にある残高までしか利用出来ないので、信用情報がかなり重要となるクレジットカードとは違い年齢等の条件さえクリア出来れば誰でも発行する事が出来ます。

その為一般的に言われているブラック属性(借金等でクレジットカードの審査が通らない)の方でも発行することが可能です。

また楽天ではデビットカードとクレジットカードどちらも発行しています。

双方の大きな違いは下記の通りになります。

カード デビットカード クレジットカード
年齢制限 16歳以上 18歳以上
審査 無し 有り
限度額 口座残高まで利用可 限度額あり
支払い方法 即時引落し 後払い
支払い回数 1回払いのみ 1回・分割・リボ払い
国際ブランド VISA・JCB VISA・Master card
JCB・American Express

デビットカードは年齢制限がクレジットカードと比べて低く、16歳以上であれば高校生でも持つ事が出来ます。

国際ブランドの選択肢が少ない点が気になる方もいるかもしれませんが、主要ブランドは押さえているので特に問題ないでしょう。

支払い回数はクレジットカードと違い利用金額を即時引落しする関係で分割払いやリボ払い等の支払い方法が選択出来ず1回払いのみとなっています。

また三菱UFJ銀行等の都市銀行が発行しているデビットカードと比べると都市銀行系の物は年齢制限が15歳からなのでこの点では少し劣ってしまいますが、そのデメリットを上回る程の高還元率を誇る優秀なデビットカードです。

三菱UFJ-VISAデビット アイキャッチ
三菱UFJ-VISAデビットを使い続けた結果!自動キャッシュバックが超便利なのでめんどくさがりな方にもオススメです!未成年の方から僕みたいな金融ブラックの人まで気軽に出来るキャッシュレスとして便利なデビットカードがあります。 もちろん僕もキャッシ...

楽天銀行デビットカードのここが凄い!

楽天デビット 券面デザイン楽天デビット 券面デザイン

デビットカードとクレジットカードの基本的な違いは理解出来たと思うのでここからは楽天銀行デビットカードについて更に詳しくを紹介していきます!

まず楽天銀行デビットカードの基本情報ですが、基本となるキャッシュカード付帯のデビットカード2種類の他に別途年会費が必要となるカードが2種類の合計4種類があります。

各カードの仕様は下記の通りになります。

券種 楽天銀行
デビットカード
楽天銀行ベーシック
デビットカード
楽天銀行シルバー
デビットカード
楽天銀行ゴールド
デビットカード
国際
ブランド
JCB VISA
年会費 無料 無料 2,000円(税抜) 5,000円(税抜)
還元率 100円に付き1ポイント
楽天市場利用時はポイント2倍(2%)
備考 パンダデザイン
が選べる
VISAタッチ決済対応

楽天デビットカードの一番のメリットと言えばポイントの還元率です。

都市銀行発行のデビットカード等は還元率で見ると0.2%〜0,5%程度と少なめの還元率になっていますが、楽天銀行デビットカードは何と1%の高還元率を誇ります。

これは一般的なクレジットカードにも負けないレベルの還元率なのでオススメです!

  • 楽天グループでのデビットカード使用時はポイント還元率2%!
  • 貯まったポイントは1ポイント=1円で利用可能!
  • ポイントはデビットカードの支払いにも利用出来ます!

そして年会費が必要な2種類のカードは入会審査が必要無い事にも注目したいですね。

クレジットカードは年会費無料でも入会審査がありますし有料のカードになれば更に審査が厳しくなりますが、デビットカードでは審査無しでゴールドカードを持つ事が出来ます。

まぁデビットカードのゴールドにステータス性を感じられるかは人それぞれですが…笑

それでもゴールドカードにもなるとVISAゴールド優待特典が使えたり国内外の旅行保険が付帯したり等のメリットもあるのでまだクレジットカードを持てない高校生や属性的に持つ事が出来ない方には非常に有用なカードとなるでしょう。

年会費無料の楽天銀行デビットカードの特徴

年会費無料のデビットカードは上記で紹介した通りJCBとVISAの2種類があります。

どちらも国際ブランドの違い以外は下記の点が大きく変わります。

  • VISAタッチ決済に対応(VISA)
  • 楽天銀行パンダデビットカード(JCB)を選択可能
    (パンダデザイン)

国際ブランドは変更が比較的簡単に出来るのでその点はデメリットにはなりません。

一応下記に当てはまる場合は変更時に500円(税別)の手数料が必要になりますが…。

  1. 年会費無料同士(VISA・JCB)の変更
  2. 楽天銀行デビットカード(VISA・JCB)から楽天銀行パンダデビットカード(JCB)への変更

注意すべき点としてはどちらも保険やショッピング補償等が無い事です。

一応カード盗難紛失時の不正利用は100万円まで保証されますが、ショッピングの保険すら付いていないのはデメリットが大きいと感じてしまいますね。

またクレジットカードに劣る点として、家族カードやETCカード等の発行も出来ません。

楽天銀行シルバーデビットカードの特徴

こちらのデビットカードは2,000円(税抜)の年会費が必要になります。

その分付帯保証等が無料の物より充実していて、ショッピング保険とVISAのゴールド優待特典が利用出来ます。

ショッピング保険は購入品が5,000円〜1,000,000円までの物が保証対象となっていて、年間の最大保証額上限が30万円までとなっています。

また免責金額として1回毎に自己負担額が5,000円必要となります。

クレジットカードがメインのユーザーからすると保証額に少し不安が残るかもしれませんが、デビットカードを持つ層(特に高校生等の若年層)を考えたら妥当な所でしょうか?

またVISAゴールド優待特典では主にカード紛失時等に24時間日本語で対応出来る専用デスクを利用出来たり海外ATMで現地通貨を引き出せたり等が可能となります。

楽天銀行ゴールドデビットカードの特徴

こちらは年会費が5,000円(税抜)が必要となるデビットカードになります。

楽天銀行シルバーデビットカードの付帯保証にプラスして国内外の旅行保険が付いているのが大きな特徴になります。

国内外の旅行保険は旅費交通費(公共交通機関に限る)の支払い等を楽天ゴールドデビットカードで行う事により旅行時のもしもの時に保険が適用されます。

補償額は最大1,000万円と一般的な額から見ると低めなのが少し気になりますが…。

それでもクレジットカードを持つ事が出来ず、保険に加入出来ないで海外旅行に行くよりは遥かに安心感がありますので、ブラック属性の方で旅行等に行かれる際にはこちらのカードに入会するのも一考の余地有りですね。

ショッピング保証の金額等はシルバーデビットカードと変更が無いのでこの辺りの改善に今後期待しておきたいですね。

楽天銀行デビットカードは作るべき?

楽天デビットカードまとめ
  • 高校生やブラック属性の方にオススメ!
  • デビットカード中最高レベルのポイント還元率!
  • 楽天グループでの利用で更にお得にポイントが貯まる!
  • 旅行保険等の付帯が欲しい方は楽天銀行ゴールドデビットカードがオススメ!
  • 家族カードやETCカードは付帯出来ないので注意!

ここまで4種類のデビットカードを紹介しましたが、結局楽天銀行デビットカードは作るべきかどうか?

結論から言えば作るべきです!

と言うより楽天銀行口座を開設する時一緒にキャッシュカードに付帯されるので年会費無料の物なら作らなきゃ損ぐらいの気持ちで作っちゃって大丈夫です!笑

年会費が必要なシルバー以上のデビットカードは入会するか悩む方もいらっしゃると思いますが、楽天カードと違い楽天市場でのポイント倍率の変動はないのでポイント目的の場合は無理に加入しなくても大丈夫です。

ただし旅行保険の付帯やショッピングの保証はそれなりにあるので「もしもの時」を考えるなら入会するのも有りでしょう!

ABOUT ME
こー
こー
現在諸事情により金融ブラックとなっています。 今しか使えないこの点を逆に強みを変えた記事を作っていきたいと思います。